沖縄の癒しスポット5選!

沖縄らしさに癒されるグルメスポット

1つ目は那覇市内から車で約30分、南城市にある「浜辺の茶屋」。
その名の通り浜辺に建てられたロッジ風のカフェです。
海に向いたカウンター席の窓は大きく開かれ、
沖縄の広く青い海の絶景と、優しい潮風を味わいながら時を過ごすことができます。
満潮時には建物の下までやってくる波音に癒され、干潮時に現れる大きな干潟では散策を楽しむことも。
開放感と、時間によっ表情を変える景観が大きな魅力です。

2つ目は沖縄の文化が味わえる沖縄そばの名店「屋宜家 (やぎや)」です。
建物は登録有形文化財にも指定されている、沖縄らしさ十分の古民家建築。
雰囲気たっぷりな空間と、温かい店員さんに癒されながら沖縄らしさを楽しむことができます。
ソーキそばや沖縄そばに加え、アーサそばや豆乳そばが人気メニューとなっています。
島南部の八重瀬町にあるため那覇からも訪れやすい場所となります。

沖縄の「神聖な力」に浸る

沖縄独自の「神聖さ」に触れてみるのも楽しみ方の1つかもしれません。 代表的なスポットが「斎場御獄(せいふぁーうたき)」。 琉球王国時代より最高の聖地とされ、世界文化遺産としても有名です。 静かな森の中、かつて神事がとりおこなわれたとされる地を巡ります。 神殿に見立てられた巨石がそびえたち、厳かな空気感が漂います。 「ガンガラーの谷」も訪れやすいパワースポットの1つです。 数十万年前、鍾乳洞が崩れた後にできた森で、古代人が生活していた場所とされています。 専任のガイドの案内で、精霊の宿るガジュマルの樹や鍾乳洞などを見ながら亜熱帯の森を歩き、 その太古の世界の神秘的な雰囲気を体感することができます。 全国名水百選に選ばれた湧水地「垣花樋川(かきのはなひーじゃー)」は、 彩り豊かな花や緑の中を澄んだ水が流れる美しい場所です。 高台にあるため青い海を望むこともできる珍しい場所で、見たことの無い幻想的な雰囲気が漂います。