沖縄に行ったら食べるもの厳選5択!

沖縄旅行で食べたい3種類の麺類

日本にはうどん、そば、ラーメンなどの麺類があります。同じうどんやラーメンでも各地で独自の発展をしていて、その地でしか食べられないものもあります。沖縄にもいくつかの麺類があるので、地元で食べておくのが良いかもしれません。まず沖縄そばがあります。見た目はまさに中華そばですが、特徴としては分厚い角煮がのせられているところでしょう。豚骨と鰹節のスープが独特の風味を醸し出しています。八重山諸島で食べられるのが八重山そばです。沖縄そばに似ているものの、麺は細めで豚肉は細切れになってのせられています。さっぱりと食べられる麺類です。そうめんを使ったソーミンチャンプルーも沖縄独特の料理です。そうめんといろいろな野菜をい炒めた焼きそば風の料理です。

昆布だしの効いた煮物料理を食べられる

沖縄料理では昆布だしの料理が結構あります。醤油の味付けよりだしでしっかり煮た料理は、素材の旨味を味わえます。沖縄料理の煮ものといえばまずはラフティーがあります。一般的には豚のバラ肉の煮込みですが、こちらでは中国料理のトンポウローに近い料理になっています。皮つきで、皮の部分のトロトロさを味わいたいです。その他にもたくさん煮込み料理がありますが、沖縄独特のものとして沖縄おでんがあります。寒いところで食べるのが美味しいおでんですが、こちらでは暑い夏でも食べられる料理です。沖縄料理に欠かせない豚足のテビチ、ソーセージなどは必ず入っています。本土のおでんではあまり見られない青物の野菜も一緒に煮込まれています。