実は行きやすいんです!たくさんある沖縄航路

東京や大阪から航路を使って行ける

海外旅行に行く方法としては多くは飛行機を使います。ただ、アジアなどなら船を使える時もあります。日本の国内旅行なら大抵は鉄道を利用できますが、沖縄となると通常は飛行機を使うでしょう。でも沖縄も航路を利用できます。まず東京から沖縄に行ける航路を利用してみましょう。途中で鹿児島の港に立ち寄りながら目指しますが、航行時間は50時間近くかかります。つまりは丸二日かけての旅です。結構費用が掛かり、片道で2万5千円以上になります。大阪から沖縄に行ける航路もあります。どうしても時間がかかるので、毎日運航しているわけではありません。また、台風などが来ると欠航になったり、鹿児島までになったりもするので、スケジュールの確認が必要です。

九州から沖縄に行く便を利用する

今は新幹線が九州の南端の鹿児島まで通じています。大阪から鹿児島までは最短で4時間を切れます。飛行機が苦手な人にとっては新幹線はありがたいです。では沖縄にはどうやって行くかですが、九州から出ている航路を使ってみましょう。九州の南端の鹿児島から沖縄に行く便がそれなりにあります。東京や大阪から来る便も鹿児島に立ち寄るので、それらに乗る方法もあります。沖縄に直接行くタイプと、奄美大島など鹿児島県の島を経由するタイプがあります。直接行くタイプの方が当然時間はかかりません。いろいろな島に立ち寄りながら行きたいのであれば、立ち寄るタイプの船を利用してもいいかもしれません。大阪や東京から行くタイプよりも費用は安く抑えられます。